mororo’s house

将来の夢は「お金持ち」~ネコ共生住宅建設中~

~めぼしい土地は結局最初に見た土地~3月「目ぼしい土地がみつかる」

目ぼしい土地

土地を探し出して2~3か月経ち、不動産屋とは3回くらい土地を見て回りました。

3回といってもその1回に6か所ほどの土地を見て回り、すべての土地に感想を書いて吟味し、時には別で深夜遅くまでスマホで土地探しをしました。

 

結局1回目に見て回った時、良い!!と直感的に思った土地に決まりました。

多少変形地ではありますが僕らの求めていた条件をほぼほぼクリアしていて決定しました。不動産屋さんが言うにはいろいろ見て回るが最初に良いと思った土地を購入するお客さんは結構多いみたいです。

 

僕らが求めている土地というか予算内に収まる土地は西東京、埼玉方面でしかありえませんでした。

駅まで徒歩10分以内という縛りがなければもっと23区寄りだったり神奈川方面にも買えたと思います。むしろもっと安い土地はあったと思います。

 

しかし賃貸併用で建てる限り駅まで徒歩10分は必須事項!どうしても譲れない条件です。また賃貸のためもそうですが駅まで徒歩10分は土地選びの中でもとても重要な事項だと思います。なぜなら

 

「資産価値が下がりにくい」からです

 

今の日本の現状は田舎に行けばわかりますが土地が有り余ってます。

首都圏内が異常なだけです。むしろ田舎の土地はタダでもいらないと言われてるようです。原因は少子高齢化による人口減少。その余波はあと数年すれば東京にも来るそうで東京の人口もついには減少の意図をたどります。

 

そうなれば都内と言えども土地の価格は下落します。

ただ駅徒歩圏内なら土地価格は下落しにくい!

駅前まで土地価格が下落するときは日本が終わる時です。

むしろ上がることはあっても下がることはほとんどないそうです。

そして売る時にも売りやすいのもメリットです。

 

ケチって安いけど駅から遠い土地を買い土地価格が下落するよりも

高いけど土地価格が下落しにくいほうを選んだほうが利口だと思います

 

3000万で購入しましたが3000万を今から貯金する(土地の値段が下がりにくいから)と考えると気が楽です。むしろ3000万をお金で残すではなく不動産という形で残し、一方で貯金をしっかりすることにより、分散投資という形でリスクヘッジになります。

 

異論は認めます。

 

style.nikkei.com