mororo’s house

将来の夢は「お金持ち」~ネコ共生住宅建設中~

お金持ちへの道~コツコツ投資編②~


f:id:mororo521:20180621192206j:image
現在、コツコツ積み立て投資をやっております。将来のため、10年後住宅ローン一括返済をするためです。

 

今から10年後ってちょうど良いと思うのですよ。

 

なぜなら!!

今はアベノミクスもあり株価が上がってます。このまま上がり続けてくれればそれはそれで良しとします。

 

ただ正直自分は株価もっと暴落してほしいのです。今は高過ぎです。政府のせい?おかげ?で株価が中々下がらないのです。

(下がったら日銀が買うから)

 

 ただ恐らく、2年後東京オリンピック終了と共に株価は下落の方向に向かうと予想します。

その時に買い増しします。

暴落щ(゚д゚щ)カモーン

 

「安く買って高く売る」のが株の常識です。

 

その安くなるのが東京オリンピック終了後だと考え、そしたら10年後にはまた株価は戻ってるのでないかと勝手な予想をしています。

 

なんとも前向きな考えですが、なんとなくそうなるのではと思います。

ここ2000年以降の日経平均株価は10年間隔で浮き沈みしています。

 

経済って浮き沈みはあるけど、平均するとずっと成長しているのですよ。

日本は超低成長ですが。。

だから海外に投資した方が効率的です。

 

ただ!!

今後株が上がるか下がるかなんてわかんねーよ!

って方たくさんいると思います。

というか、わかるひとなんていません。

 

じゃあどうするか??

 

 

買い続ければいいのです!!!!

(市場に留まる)

売るから損をするのです!!!!

(利益や損を確定させる)

 

それがコツコツ積み立て投資です。

毎月一定額株を買い続けます。

損が出ても買い時だと腹を括って買い続けます。

 

でも!!

なんの株買えばいいのかわかんねーよ!!

日本がダメなら海外って言うけど海外の投資先なんてわかんねーよ!!

 

どうするか??

 

プロに任せらゃえーやん!!

それが投資信託です!!

 

海外の株を中心に扱ってるファンドたーーーくさんあります。

 

投資信託にも種類があります。

主に

・アクティブファンド(ガツガツ稼ごうぜ)

・インデックスファンド(市場平均並みに稼ごう)

と分けられます。

 

基本的にアクティブファンドのが手数料高いです。数年での成果が高い場合があります。特に近年だとアベノミクス効果がありアクティブファンドは現状イケイケです。

 

ただながーーーい目で見るとインデックスファンドのが手数料も安く儲かってます。

前述しましたが世界的に見ると経済は成長し続けてます。

だったら市場平均並みに稼いでいった方が長い目で見れば案パイだし効率が良いのです。

 

コツコツ積み立て投資が最強なのです。

 

 

そういったことをふまえ

一般投資家が株の世界で勝つためには

インデックスファンドの長期投資スタイルです!!ってことを証明している本が

 

「敗者のゲーム」著チャールズ・エリス

です!!

 

敗者のゲームって結構衝撃的なタイトルですがどういう意味かと言うと

 

例えば

テニスの世界でたとえると

・プロの世界だと技を決めて相手からポイントを奪います(勝者のゲーム)

・素人の世界だと自滅する場合がほとんどです。ネットにかけずいかに相手の陣地にボールを返せるかの世界、要はミスをしないようにするのが勝つための道です(敗者のゲーム)

 

飛行機で例えると

・昔は飛行機を飛ばせた人や発明した人が優位でした(勝者のゲーム)

・今は飛行機をいかに安全に飛ばせるか、いかにミスなく飛ばせるかがポイントです(敗者のゲーム)

 

株の世界も同じで

・昔は個人投資家が大半でうまく売買できたひとが勝者でした(勝者のゲーム)

・今はプロ(機関投資家)か大半を占めています。いかにミスをしないかがポイントです(敗者のゲーム)

 

そんな世界に個人投資家が挑んでも勝てないだろ!って意味です。

あなたが今ワールドカップに出場するみたいなもんです。プロ同士でも勝ち負けを明白にしてる世界にですよ。

 

じゃあどーするか?

 

市場平均に身を任せて投資をする

そうインデックス投資です!!!

 

なんとプロ(機関投資家)7~8割りが市場平均を下回っている結果がでているのです!

 

そういった敗者のゲームをいかに勝者のゲームにするか?が書かれているのがこの

チャールズ・エリス著

「敗者のゲーム」です!

 

興味あるひとは読んでみてください。

株は個人の責任でお願いしますm(_ _)m