mororo’s house

将来の夢は「お金持ち」~ネコ共生住宅建設中~

お金持ちへの道~共働き編④~

共働きのカギは男性 家事育児、ノルマは現状の2倍|マネー研究所|NIKKEI STYLE

 

上記記事

非常に気になります。

というか気にしていかなければなりません!!

 

どうも!「猫好きの猫好きによる猫の家」建設中のmororoです!!

 

今日も愛猫のこま吉さんは困り顔

今日はものすごいいきおいでご飯をねだってきました!!あんなかわいい顔でかわいい鳴き声出されたらあげるしかないでしょ

 

ほんと猫ってなんでどうやってあんなかわいい生物になったんでしょうか??

 


f:id:mororo521:20180918024003j:image

 

ご飯をもくもくと食べる図↑↑

 

 

さて今回はまたも共働きについて書いていきます!!

前回は女性の方もバイトで働くんじゃなくてちゃんと正社員で働けよ!って内容でした。

バイトで働くんだったら主に家のことはやってほしい。モンク言うんだったらバイトやめて、専業主婦になって家のことをやってもらった方がマシ!!って持論でした。

 

今回は、女性もしっかり正社員として働き共働きをする場合男性の家事育児への関わり具合について考えてみたいと思います。

 

もう一度言いますが、これは女性がバイトではなく正社員として働く場合です。バイトなら文句言わず家のことはやれって思います。文句いうなら専業主婦やるか正社員になれって思います。というか正社員になってください!!

 

 

さて

女性が正社員の場合

男性は

 

 

家事育児は当たり前のようにやらなければなりません。というかもうこの時点で間違ってます。女性が家事育児当たり前っていうこの

考え方がそもそもおかしいです。

 

だって、共働きの場合どっちも働いてますからね!!!

 

男性は家事やらなかったら女性の方はブチキレて良いと思います。それかもう残念なひとと結婚したとあきらめてください。一生その男性の奴隷として生きていきましょう。好きならしょうがないです。

 

そしてこの記事によると

男性はイクメンじゃダメみたいです

家事メンでないと!!

 

イクメンだと休日にちょっと子供と公園に遊び行ったくらいで、家事育児手伝ったと思いがちになっちゃうそうです。

 

平日は女性のほうが家事をやる機会が多くなる傾向にあるので、休日は女性が子供の面倒をみて男性が家事を全力でやる!ってのがバランスが良いみたいです。

 

それに子供のめんどうというのは一生続きません。家事は一生続きます!

なので世の男性は家事を全力で手伝いましょう!!

 

いや手伝うじゃなくてやらなくてはならないことなので、やりましょう。

 

分担が大事かと思います。

料理(買い物)、洗濯、掃除、片付け

家事って主に上のことだけかと思います。

 

自分結構やってる方だと自負していますが、専業主婦って超ラクだなと感じます。

逆に暇すぎてキツいです。

 

これに育児が加わるとまた違ってきますが、専業主婦なら家事と育児はやってくれてもいーと思います。もし俺だったら仕事か家事育児だったら全然家事育児を選びます。これは仕事の内容によりけりですが。

 

あとは労働時間と年収で分担していくのが良いと思います。

 

記事によると

年収が夫600万円、妻500万円であれば夫は家計の11分の6、つまり54.5%を稼いでいることになります。この場合、年収対比では「夫54.5:妻45.5」の割合ですから、家事育児は「夫45.5:妻54.5」が適正な分担率だと考えてみるわけです

と書いてあります。

 

 僕らの場合年収比率「僕58:妻42」になります。そうすると家事育児分担比率は「僕42:妻58」になります。

それに労働時間を加えたら分担比率は「僕35:妻65」くらいになってもいいかと

 

そーすると

僕は料理、洗濯

妻は育児、掃除、片付け

でどうでしょうか??

 

育児の負担は大きいのでできるとこは手伝っていきたいです。

 

まぁー共働きなら男性は家事育児は当たり前ってことです。

みなさんも年収比率から分担比率を求めて家事育児の分担をしてみては??

 

ちなみに共働きですがやらなくても良いのでは?と思っているそこのあなた!

 

これからむかえる少子高齢化時代

しかも、自分の人生は100歳まで生きるかも知れない人生100年時代!!

 

これからの日本で生きていくには共働きって非常に大切なことなんです!!

だから冒頭で言うように女性もバイトじゃダメ!!社員ってのが大事なんです!!

 

産まれてくる子供のためにも今育ててる子供のためにも、しっかり資産を残してあげましょう。

ちなみにこれから少子高齢化が続けば、今の子供たちはもっと大変です。どんだけ高齢者にお金を持っていかれるかわかりますか??

 

おしまい